Products

技術資料(ドーム寸法図・排煙面積等)

Menu イメージイメージ

トップライトからの落下事故の防止について

トップライトのドームやガラスは通常の積雪や風圧には耐えますが、人の体重をささえるには不十分です。

人が飛び乗った場合ドームやガラスが割れ、最悪は死亡事故につながる危険があります。(アクリドームは積雪のような等分布荷重には強いが、人が飛び乗った場合のような衝撃荷重には弱いため)

トップライトからの落下事故防止として、菱晃では下記のような対策をおすすめしております。

●トップライトが設置してある屋上に部外者が出入りできないよう、扉に施錠し、「立ち入り禁止」の表示をする。

●人が近づけないよう、トップライトまわりに防護柵を設ける。(防護柵は別途工事)

●人がトップライトに登れないよう、躯体を高く設定しておく。

●製品に「落下防止ネット」を設置する。(「落下防止ネット」をご参照ください。)落下防止ネットは、固定式・開閉式トップライトのどちらにも設置可能です。

※製品には「危険シール」を貼ることで落下事故への注意喚起をしております。

危険シールイメージ
イメージ開閉式トップライトに落下防止ネットを設置した例 イメージ防護柵(別途)を設置した例